結婚指輪選びに迷ったらアイプリモにヘルプを

オンリーワンを贈ろう

男女

愛と絆の象徴です

婚約指輪は、ローマ時代に行われていた婚約の誓いの儀式で鉄の輪を贈ったのが始まりであり、日本では明治時代に広まったものです。愛と絆を約束する婚約指輪は、時代が変わっても変わらない贈りものとして、現在も女性の憧れであり続けています。渡す時期としては、やはりプロポーズをするときが最もロマンチックですが、プロポーズのタイミングをイベントに合わせるとそこに思い出を重ねることもできます。二人だけの思い出を作るために、婚約指輪を贈る日に合わせてサプライズイベントを用意する男性も多いです。相場はだいたい20万円から30万円と言われていますが、それぞれの収入や結婚式との兼ね合いを考えて準備すると良いでしょう。贈る際は予算だけでなく、彼女の好みやスタイル・好きなブランドなども事前に調べておくとスムーズに選ぶことができます。ダイヤモンドが一番人気ですが、誕生石がついているものや宝石がついていないシンプルな婚約指輪を贈る人も多いです。注文から受け取りまでの期間はだいたい1ヶ月程度ですので、前もって予約する必要があります。既製品を贈るのも良いですが、セミオーダーメイドと言って、自分である程度デザインを決められるところもあります。専門店を選ぶ際は、まずどのような婚約指輪を贈りたいのかをじっくりと考えてから探すようにして下さい。素材やデザインを一から決めることができるフルオーダーも人気がありますので、オンリーワンな婚約指輪を贈りたい人は参考にしましょう。